丸ノ内線中野新橋駅徒歩1分

中野区で人気の無痛整体 腰痛・坐骨神経痛 改善率NO.1!

本当は怖い!腰椎圧迫骨折(いつのまにか骨折)の症例

症例① 第2腰椎圧迫骨折
80歳代 女性
 
転倒などの原因も一切なく、腰部に疼痛も無し。自覚症状は右殿部(坐骨神経の辺り)に痛みがある。
寝ていると痛みは出ないが、起き上った時しばらく殿部に激痛があり、しばらく立ち上がれない。
 
当初、整形外科を受診するが、レントゲン上では異常なく、変形性腰痛症からくる坐骨神経痛と診断を受ける。
数回、痛み止の注射をするが、痛みは変わらず。
痛みが出始めて2週間後に中新整骨院に来院。
当院の連携先の病院へ紹介しMRI及び背骨全体のレントゲンを撮影して頂くと、第2腰椎に新鮮な圧迫骨折
が見つかる。そのまま1週間安静入院後、当院にてリハビリ療養中。

腰椎圧迫骨折MRI画像

 

レントゲン画像でも、腰椎の変形はかなり見られる。
圧迫骨折の主な原因は、骨粗鬆症と転倒(尻もち)であり、
今回は第2腰椎の新鮮な圧迫骨折が発見されたが、その下の第3、4腰椎にも圧迫骨折の痕跡が見られる。
この様に、転倒がなくても、気づかずに自然と起きているケースがかなり見られます。
なおかつ、腰部に痛みが無いケースでは判断が難しく、発見が遅れる事があります。

腰椎圧迫骨折レントゲン画像

他の病院、治療院で色々な治療を受けたけれど、痛みが改善しない患者様が中新整骨院には、たくさん来院しています。
患者様の症状によっては、当院でも施術困難な場合もあります。
その際、当院では患者様にとってベストな方法は何かという事を熟考し、提案をさせていただきます。
 
症状の重症度により、連携している病院をそれぞれのケースに合わせご紹介させて頂きます。
当院からご紹介する事により、突然、病院を受診されるよりもスムーズに、的確な治療が受けられる事を自信を持ってお伝えさせて頂きます。
また、紹介先の病院での診察、治療後も当院でのリハビリ等の連携、連絡もスムーズに行う事が出来ますので、安心して受診して下さい。

About The Author

中新整骨院院長井澤 晴彦
平成5年、地下鉄丸ノ内線中野新橋駅に開業以来20数年、地域の皆様に支えられ今日まで来ました。
慢性腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症を専門に治療させていただいています。
これからも一人ひとりの患者様への施術の質を上げていくなどさらに努力していく所存です。