丸ノ内線中野新橋駅徒歩1分

中野区で人気の無痛整体 腰痛・坐骨神経痛 改善率NO.1!

交通事故の治療で健康保険を使うメリット、デメリット

交通事故の治療には健康保険が使えない?

自賠責保険適用は窓口負担金0円
後悔しない為にも、その前に知っておきましょう。

第三者行為の傷病届

第三者行為と言い、交通事故やケンカなどの加害者のいるケガは本来健康保険の適用外となります。
ただし、勤務中あるいは、通勤途中などは労災保険が適用になりますので、
患者様は自己負担なしで治療をうけることができます。

一般には自賠責保険を使用した自由診療料金で治療される方が多いと思われますが、
自賠責保険の限度額である120万円を超えた時や、加害者が無保険車であった時など
少し勝手が変わります。

自賠責保険の限度額は120万円

自賠責保険の限度額120万円の中には、治療費だけでなく、慰謝料、休業補償、通院費などが含まれます。
総額が120万円を超えた場合は、任意保険から支払われますが、ここからは状況により変わります。

まず、自賠責保険は加入しているが、任意保険に加入していないドライバーもいます。
あるいは事故の状況により被害者側に過失があった場合は被害者側の負担も出てきます。

こういったケースでよく利用されるのが「第三者行為の傷病届」というものです。
ご自分の加入している健康保険組合に「第三者行為の傷病届」を提出すれば
交通事故の治療においても健康保険が使用できます。

自由診療or保険診療を選択するのは被害者の権利

事故の後、加害者側の保険会社に「○○病院へ通院します」と連絡できた場合、
初診時から自賠責保険などを利用できる為、窓口での治療費の支払いはありませんが

交通事故の特性から、事故直後に救急車で病院へ搬送されることも多いと思います。
病院側も加害者側の保険会社からの連絡がない為、初診時は交通事故の自由診療として
全額自費料金で請求すると思います。

あまりに高額で驚かれる方も少なくありませんが、
後日、自賠責保険を使用するのか、健康保険組合に「第三者行為の傷病届」を提出して
健康保険を使用するのか被害者自身が選択し初診時の差額を返金して頂けると思います。

自賠責保険での自由診療か健康保険での診療かを選択するのは被害者のみの権利で
病院も加害者側保険会社も、それを指示する事はできません。

交通事故の傷跡治療

交通事故の傷跡治療も相手の保険会社支払になるっていうことを知らない方が多いです。
救急で治療してもらったら、相手の保証はそれまでではありません。

相手の車保険で、傷跡治療も払ってもらえます。
無料で傷跡治療をできるのでお勧めです。
相手の保険会社への交渉もすべて請け負って頂けるクリニックがこちら

交通事故の治療で健康保険を使うメリット

1、治療費を安く抑えられる。

通常の病院での治療費と点数計算が同じなので、治療費の総額の1~3割負担で受診できます。
大きな損害を要する事故であったり、被害者側に過失があった場合、
上記の120万円を超える部分は被害者側もいくらかの負担をしなければなりません。
こういったケースでは、健康保険を使用しての受診をおすすめします。

1、自賠責保険を使用した自由診療の場合。

患者様の自己負担や病院の窓口での治療費の支払いといった面倒なことはありませんが、健康保険を使用した治療の場合、窓口で立て替え払いをしなければいけない可能性があります。

2、病院、整骨院など併診が認められません。

どういう事かというと、通常の健康保険治療では怪我をした部位と同一の部位を二か所以上の医療機関では治療できません。自由診療の場合、保険会社との交渉でこれが認められます。

おそらく交通事故に遭い、最初に受診されるのは整形外科等の病院だと思われます。
その後、回復を早めたい為、整形外科では定期的に検査、経過観察をしながら、
同時に整骨院等でリハビリを含めたきめ細かい治療を受ける事が出来ます。

3、交通事故という緊急性の高い診察。

特殊な治療法を要し、提出書類も健康保険のものとは違い、医療機関側は加害者側の保険会社との折衝なども担当しますので、手続きも一般の健康保険とは異なります。

これを一般の健康保険と同じ治療内容で診察するには無理があります。
医療機関側もいい顔はしないと思います。

まとめ

事故の状況、ケースによって様々ですが、
停まってた車に後ろから衝突されたなど
被害者の過失がゼロの時など、自賠責保険での自由診療をお勧めします。

被害者に過失があり、ケガも重傷で手術、入院が必要、あるいは治療日数も掛りそうな時は
健康保険を使用した治療をお勧めします。

中新整骨院では医療機関で「牽引、湿布、お薬、電気治療」だけで治療されている方
「これ以上治療を続けても、症状は改善されません」と言われた方の施術を行っています。

施術は、手技治療を中心に行います。
交通事故によって歪んだ骨格の矯正により神経の圧迫症状を取り除き、自然治癒能力を高めます。

医療機関でこれ以上は症状の改善は見込めませんと言われ、
諦められた患者様は一度施術を受けてみる事をお勧めいたします。

過去20年以上の施術結果から全ての患者様の症状が改善したとは言いませんが、
約95%以上の患者様に症状の改善傾向が見られています。

ムチ打ち症、交通事故のケガでお悩みの方はこちらへどうぞ

About The Author

中新整骨院院長井澤 晴彦
平成5年、地下鉄丸ノ内線中野新橋駅に開業以来20数年、地域の皆様に支えられ今日まで来ました。
慢性腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症を専門に治療させていただいています。
これからも一人ひとりの患者様への施術の質を上げていくなどさらに努力していく所存です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)