プロが教える!自宅でできる肩コリの予防対策!

頑固な肩こりはマッサージをすると、さらに悪化します。

肩こりの原因ほとんどは肩甲骨の運動不足です。

自宅でできるセルフケアを教えます。

羽ばたき体操

羽ばたき運動

仰向けに寝ます。

スタートの位置はきおつけ姿勢。
手のひらが天井を向くようにしましょう。

そのまま、手の甲が床から離れないようにゆっくりと腕を上げていきます。

両手が耳の横まで来たら、また、元の位置にゆっくりと戻ります。

これを10回繰り返しましょう。

ポイント

1.肘が曲がらないように
2.ゆっくり動かします
3.肩甲骨の動きを意識しながらやりましょう

床の広いスペースがない方は、壁でも同じ運動が出来ますが、その場合少し強度があがります。

立甲

ブルース・リー肩甲骨

さらに上級者編としまして

立甲というエクササイズがあります

背中から見た時に肩甲骨が浮き上がって見えるような動きをします。

画像のブルース・リーの様に肩甲骨を立てるイメージです。

スタートの位置は立って行う時は、前へならいの姿勢

四つん這いの時は背中を天井の方に丸く上げましょう

なるべく手を体幹から遠ざけるポジションをとってください。

その姿勢から、脇を締め、背部の筋肉を緊張させないで

上腕と肩甲骨で作ったユニット・角度を崩さないように後ろに引きます。

最初は難しいですが、慣れると出来ますので、

こつこつやりましょう。

今すぐ中新整骨院の施術を体感してください!
一日限定2名様まで初回1980円で施術させて頂きます。

「もうこの慢性腰痛は改善しない」 と慢性腰痛のせいでやりたいことを諦めている方がいれば、まずお話だけでもいいので私のところに来てください。

詳細を見る

関連記事一覧