丸ノ内線中野新橋駅徒歩1分

中野区で人気の無痛整体 腰痛・坐骨神経痛 改善率NO.1!

変形性股関節症で人工股関節置換手術の適用は?

症例②変形性股関節症

70歳代 女性
罹患されてから10年以上経過されている方が来院。
10年前にも手術を勧められたそうですが、手術中の輸血の為の自家貯血の問題などあり、タイミングを逸したようです。
症状は起立時の痛み、そこから歩行も極めて困難でよちよち歩くのがやっとといったところ。
ここまでよく我慢されていました。
変形性股関節症

女性に多い変形性股関節症

男性に比べ、骨盤が横に長い為、股関節の位置も外側にあります。
形成不全といって元々大腿骨骨頭に比べ関節の受け皿も小さい方が多い、加えて、閉経後の女性ホルモンの低下により骨粗鬆症傾向で骨頭自体も変形して潰れてくるケースも多い。

医接連携

当院連携の病院を紹介させていただき、MRI、レントゲン画像を撮影した結果、長年痛みのある股関節をかばっていた為、反対側の股関節も変形が著しいこと、そして大腿骨骨頭壊死も発見され、両側の人工関節の手術をすることになりました。
 
人工関節のプロフェッショナルをご紹介し、患者様ご本人も、当院からの紹介ということで今回は安心して手術を受けられると言っていただきました。
今回の症例では、まず痛みなく早期に歩けることが、この患者様にとってのベストな提案でありました。
 
70歳代前半で、まだまだ旅行に行ったり、やりたい事がたくさんあるというお話しを問診時に伺い、その夢を叶えるために術後も当院でリハビリ、施術フォローさせていただきますので一緒に頑張りましょうと言うことを伝えてご本人の不安もなくなったようです。
 
何事にも専門分野があります。家を建てる時も、基礎工事、電気工事、防水工事など、それぞれの専門家が行います。
医療も同じようにそれぞれのベストな専門家に任せたほうがいいのです。
ただ、その専門家同士がしっかり連携、連絡出来ているかどうかが、問題なのです。
 
痛みがあるから、ただマッサージする、電気をかける、痛み止めを使用するといったおざなりな治療は、表面的な処置であって、根本的な本質を改善しているわけではなく、悪い状態を長引かせるだけです、
 

長年の痛み、しびれでお悩みの方は一度、中新整骨院にご相談ください。
劇的に改善する方法を教えます。

About The Author

中新整骨院院長井澤 晴彦
平成5年、地下鉄丸ノ内線中野新橋駅に開業以来20数年、地域の皆様に支えられ今日まで来ました。
慢性腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症を専門に治療させていただいています。
これからも一人ひとりの患者様への施術の質を上げていくなどさらに努力していく所存です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)