「スポーツマウスガードの普及啓発に向けて」講演

「スポーツ障害の軽減、スポーツマウスガードの普及啓発に向けて」

中野区歯科医師会・中野区医師会・中野区の共催で行われた区民公開講座に参加してきました。

講師は日本体育協会スポーツドクターの藤巻有久先生、

東京歯科大学スポーツ歯学研究室準教授の武田友孝先生、

ラグビー元日本代表の新里二郎先生  

中野区歯科医師会講演

藤巻有久先生は新しい創傷治癒について、

以前は傷口と言えば、早く乾燥させ、かさぶたを作るという考えでした。

現在は、デュオアクティブというものが出てきて、傷口は乾燥させないほうが

きれいに早く治るとされている。

デュオアクティブ

最近は市販のバンドエイドなどでも、使われているので一般の方でも薬局で購入できます。

どんな分野でも研究、進化、改良が進み、常にアンテナを張っておかないと

取り残される感じです。

武田友孝先生は健康な肉体を作るには噛む事が大事である。

どんなに力を入れていないようなスポーツでも食いしばる瞬間があることをデータで説明。

また、咀嚼ができず栄養だけとっていても、噛まない事により内臓の働きが低下し

栄養の吸収が悪くなり、体力が落ちてしまう事をお話になりました。

新里二郎先生はラグビーでのジュニア世代のトレーニング方法について。

膝から下のタックルではヘッドダウンする事により、怪我が増えてしまう事を開設。

私も高校時代にラグビーをしていたので、納得のお話でした。

また、激しいスポーツの練習により、特に女性は無月経になり、カルシウム不足

疲労骨折につながりやすい為、ジャンプ系のトレーニングで骨密度をあげるなどのお話しもありました。

私が、日頃やってるバスケットボールでも膝の怪我などは女性は男性の7倍のリスクがあるなど

身体的な特徴の違いで男女比がある事も

今すぐ中新整骨院の施術を体感してください!
一日限定2名様まで初回1980円で施術させて頂きます。

「もうこの症状は改善しない」 と痛み・しびれのせいでやりたいことを諦めている方がいれば、まずお話だけでもいいので私のところに来てください。

詳細を見る

関連記事一覧